2007年08月27日

スティーヴン・スピルバーグ、北京五輪の芸術顧問辞任を示唆(7月28日)


映画監督のスティーヴン・スピルバーグが、

ダルフール紛争に関わるスーダン政府を支援する中国の姿勢が変わらなければ、
2008年に開催される北京五輪の芸術顧問を辞任する可能性が出てきた。

27日、米ABCテレビが伝えた。


posted by マッサ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<ダルフール危機>「虐殺五輪」…石油利権もつ中国に圧力(17日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070817-00000044-mai-int

「今世紀最悪の人道危機」とされるスーダン・ダルフール危機と、
北京五輪を結びつける米国発のキャンペーンが中国を揺さぶっている。(毎日新聞)

中国が石油利権を持つスーダンに影響力を行使しなければ
「ジェノサイド(虐殺)五輪」として歴史に残ると訴え、
8日から隣国チャドの難民キャンプを起点に独自の「聖火リレー」を始めた。
posted by マッサ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カナダと欧州委員会の外交官を追放 スーダン(25日)


スーダン政府は23日、カナダと欧州委員会の外交官2人を国外追放した。
国営スーダン通信が伝えた。

スーダン外務省の報道官によれば、追放は内政干渉にあたる活動を行ったためと説明しているが、欧米諸国との関係悪化が懸念される。
posted by マッサ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイで新憲法が発効(25日)


タイのプミポン・アドゥンヤデート国王は24日、

前週の国民投票で有権者に承認された新憲法草案に署名した。新憲法は即日発効された。

国王は、新憲法が書かれた3つの写しに署名。
75年前に絶対王政が廃止されて以来、憲法の制定はこれで18度目。
posted by マッサ at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漁船拿捕1年 露、情報開示せず秘密主義(16日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070816-00000931-san-int

北海道根室沖の北方領土・貝殻島付近の海域で根室のカニかご漁船「第31吉進丸」が、
ロシア国境警備艇に銃撃・拿捕(だほ)された事件から16日で1年。

乗組員、盛田光広さん=当時(35)=が銃撃され死亡した状況の捜査は、
ロシア側からの情報開示や船体の返還もないため、暗礁に乗り上げている。(産経新聞)

盛田さんの遺体には頭部などに数発の銃創があり、船員らは「警告や停船命令はなかった」と証言しており、国境警備艇は至近距離から突然、銃撃してきたとみられる。
銃撃事件そのものについては、海保でも殺人か傷害致死容疑の適用を視野に
捜査を続けている。

問題は、ロシア側が船体と搭載されていたGPS(衛星利用測位システム)を没収、
「裁判の判決に従って国庫に納められている」と返還も拒否していることだ。
このため根室海保は重要な手がかりを得られず、捜査は手詰まり感が強い。

ロシア側は「威嚇射撃が偶然、命中した」と落ち度はないとの態度。
posted by マッサ at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拿捕の「豊進丸」気仙沼に帰港(21日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070821-00000403-yom-soci

臨検、抑留の状況明かす(読売新聞)

ロシアに拿捕(だほ)され、今月16日に釈放された富山県入善町・池田水産所有の
サケ・マス漁船「第88豊進(ほうしん)丸」(乗組員17人)が21日未明、
北海道根室市の花咲港から、宮城県・気仙沼港(気仙沼市)に帰港した。

高橋昇司船長(48)(宮城県南三陸町)は「皆さんにご心配をかけて申し訳ない」と謝罪し、
約2か月半に及んだ抑留中は船内での生活を余儀なくされたことなどを明らかにした。
posted by マッサ at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<コムスン>施設系事業をニチイ学館に売却へ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070826-00000025-mai-bus_all

グッドウィル・グループ子会社のコムスンが運営する老人ホームなどの施設系事業が、
ニチイ学館に売却される見通しになった。

コムスンから選定を任された第三者委員会(委員長・堀田力弁護士)が、
27日にも正式決定する。

売却先はニチイと、居酒屋チェーンのワタミに絞られていたが、
ニチイが、ワタミを上回る百数十億円の買収価格を提示した模様で、
事業実績や価格面からニチイが選定される見通しだ。

コムスンは、訪問介護などの在宅系サービスについては、
都道府県ごとに分割して売却する方針で、9月中旬までに売却先を決める。
posted by マッサ at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギリシャの山火事、火勢衰えず 各国から支援部隊が到着


ギリシャ南部のペロポネソス半島で起きた山火事は26日も火勢が衰えず、
犠牲者は少なくとも51人に達した。

現場からの情報では、依然として危機的な状況が続いている。
posted by マッサ at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インドのタタ製鉄、創設100周年記念式典で生産倍増計画を発表


インドの製鉄最大手タタ製鉄は、会社創設100周年を迎えた26日、

2015年までに生産を現在の倍以上に増やすという目標を発表した。

同社は4月に英国のコーラスを137億ドル(約1兆6000億円)で買収。
これにより同社の年間生産量は2560万トンとなり、
鋼鉄生産量で世界56位から6位に浮上した。
posted by マッサ at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。