2007年09月19日

巨額の外貨準備を運用=28日に会社設立−中国

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070919-00000093-jij-int

19日付の中国経済紙・第一財経日報は、

中国の巨額の外貨準備を海外で本格運用する
国有投資会社「中国投資有限公司」が今月28日に設立されると伝えた。(時事通信)

中国は今年6月末で1兆3000億ドル強に達した世界最大の外貨準備の一部を
株式市場などで運用するため、投資会社の設立準備を急いでいた。


posted by マッサ at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日銀が現行の金融政策維持を8対1で決定

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070919-00000522-reu-bus_all

日銀は金融政策決定会合で、現行の金融政策維持を賛成8・反対1の賛成多数で決定した。

当面の金融市場調節方針は「無担保コールレート(オーバーナイト物)を、
0.5%前後で推移するよう促す」とした。

反対は水野温氏委員。(ロイター)
posted by マッサ at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米株式市場急騰、金利引き下げの発表を受け


18日の米株式市場は、
信用リスクや不振の続く住宅市場に対応するために米連邦準備制度理事会(FRB)が

0.5%の利下げを発表したことを受け、急騰した。
posted by マッサ at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米住宅差し押さえ件数、過去最多の12万4000件


米民間調査会社リアルティトラック社は18日、

8月の米住宅差し押さえ件数が前月比36%増の24万3947件に達したと発表した。

債務不履行や競売、銀行の回収などによる差し押さえ件数は、
前月が17万9599件、2006年8月が11万3300件となっている。
posted by マッサ at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米ニューヨーク原油先物相場で最高値更新、1バレル81.80ドル


ニューヨーク・マーカンタイル取引所の原油先物相場で18日、

1バレルあたりの原油価格が81.80ドルをつけて最高値を更新した。
posted by マッサ at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米FRB、政策金利0.5%引き下げ


米連邦公開市場委員会(FOMC)は18日、ワシントンD.C.で会合を開き、

フェデラルファンド(FF)金利を0.5ポイント引き下げて4.75%とすることを決定した。

これは米サブプライム(信用度の低い借り手向け住宅ローン)問題の影響による
住宅、金融両市場の動向を受けた措置。

FOMCは全会一致で利下げを決定。
公定歩合も0.5ポイント引き下げて5.25%とした。
posted by マッサ at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三菱東京UFJ銀行の米子会社、資金洗浄対策不備で制裁金36億円


米司法省などは、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の

米国子会社ユニオンバンク・オブ・カリフォルニア(UBOC)に対し、
マネーロンダリング(資金洗浄)への適切な対応を怠ったとして、

3160万ドル(約36億5000万円)の民事制裁金を支払うよう命じ、
UBOCもこれを受け入れた。
posted by マッサ at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大証、日経225先物など取引時間拡大

http://www.afpbb.com/article/economy/2285043/2158470

大阪証券取引所は

日経225先物などすべての株価指数先物とオプションの取引時間を拡大し、
新たに午後4時半から午後7時までの「イブニング・セッション」を始めた。
posted by マッサ at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイクロソフトへのEU独禁法違反判決に米業界が一斉反発


米ソフトウェア大手マイクロソフト(Microsoft)が、

欧州の競争法違反として欧州委員会から課された制裁を不服として提訴していた裁判で、
マイクロソフト側が敗訴し4億9700万ユーロ(約795億円)の制裁金支払いを命じられたことについて、米国業界関係者の間で判決が厳しすぎるとの反発がひろがっている。
posted by マッサ at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。