2007年10月19日

国連が創設、2008年は「国際ポテト年」(18日)


国連(UN)は18日、2008年を「国際ポテト年」と定めることを発表した。

国連関係者の一部ではからかう素振りも見られるが、
各国政府はあくまで真剣に、農業関連の研究費を調達する絶好の機会だと期待する。

「国際ポテト年」は、
「発展途上国における食糧としてのジャガイモの重要性について認識を高める」ことを目的に、
国連食糧農業機関が提案し、2005年の国連総会で採択された。


ラベル:国連 UN 農業
posted by マッサ at 11:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホンダ、「フィット」をフルモデルチェンジ(18日)


ホンダは18日、

都内で、フルモデルチェンジした小型車「フィット(Fit)」を発表した。

26日から1.3リットルモデルと1.5リットルモデルの国内販売を開始する。
ラベル:ホンダ
posted by マッサ at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IMFが最新版「世界経済見通し」を発表、08年の経済成長率はおおむね下方修正(18日)


国際通貨基金(IMF)は17日、年2回刊行する「世界経済見通し(WEO)」の最新版を公表し、

2008年の世界経済成長率見通しを下方修正したことが明らかになった。

また、
米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題に端を発した混乱が、
世界経済の成長を妨げる可能性があることを示唆した。

世界経済見通しによると、2007年の世界経済成長率見通しは5.2%、
2008年は4.8%となっている。
posted by マッサ at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米財務長官、「米不動産市場の不況は長期化」(17日)


ヘンリー・ポールソン米財務長官は16日、

米不動産業界の落ち込みは予想以上に長引き、
その影響で今年の住宅の差し押さえ件数は100万件以上に上るとの見通しを示した。

同財務長官は、ジョージタウン大学法律センターで講演し、

この中で「不動産市場の調整が進行中だが、
前年末のように早期に落ち着くことは見込めない」と述べた。
posted by マッサ at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WTO、米国の綿農家への補助金は協定違反との判断(17日)


世界貿易機関(WTO)の紛争処理小委員会(パネル)は15日、

米国政府による同国の綿農家に対する助成金がWTO協定違反だと決定した。
これに対し、米国政府は遺憾の意を表明した。

今回の決定はブラジルの求めで7月に決定されていた予備決定を支持するもので、
今後は制裁措置がとられる。
posted by マッサ at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。