2007年11月12日

英国東部で洪水発生の危険が弱まる(10日)


大規模な洪水の発生が危惧(きぐ)されていた英国の東部沿岸について、
英国環境庁の報道官は9日、

高波もおさまりつつあり危険度が減少したとの見解を示した。
それほかの欧州各地では、大規模な嵐が現在でも猛威を振るっている。

嵐により複数の油田施設が閉鎖されていたノルウェーでも、
石油の生産活動が再開しつつあるが、
英石油大手BPが所有するValhallの施設は依然、閉鎖されたままだ。


posted by マッサ at 06:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マリキ首相、「ケミカル・アリ」の死刑執行を決断


イラクのヌーリ・マリキ首相は11日、

旧フセイン政権時代の
クルド人虐殺事件「アンファル作戦」における人道に対する罪により、
すでに死刑判決が下されている「ケミカル・アリ」こと

アリ・ハッサン・マジド元国防相ほか2人に対する
死刑執行を決断したことを明らかにした。
posted by マッサ at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暴風雨の黒海でタンカーが損傷、重油1300トンが流出


黒海とアゾフ海の間のロシアとウクライナを隔てるケルチ海峡を
航行中のロシアの燃料タンカーが11日、

暴風雨の中2つに折れ、約1300トンの燃料油が海に流出した。

地元運輸当局がAFPに対して明らかにした。
ロシアの通信各社はこれより先、約2000トンの重油が流出したと報じていた。

さらに、2000トンの硫黄を運搬中の別の船舶が近くの港で沈没し、
乗組員9人が高波の中、救命ボートに取り残されているという。
posted by マッサ at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアバス、エミレーツ航空から200億ドルの大型受注


航空機大手エアバスは11日、

ドバイで開幕した航空ショーでアラブ首長国連邦のエミレーツ航空から

200億ドル(2兆2134億円)以上の受注を勝ち取り、
ライバルの米航空宇宙機器大手ボーイングに差を付けた。

エアバス「A350 XWB」70機と超大型旅客機「A380」11機 の受注は、
同社史上最大規模の取引。
posted by マッサ at 06:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。