2007年11月19日

英財務相、資金繰りの悪化したノーザン・ロックの支援延長を検討か


英日曜紙サンデー・テレグラフは18日、

資金繰りが悪化した英住宅金融大手ノーザン・ロックに対する
英中央銀行の緊急融資について、アリステア・ダーリング英財務相周辺は、
公的支援に期限を設けた欧州連合(EU)の規定にもかかわらず
引き続き支援を行っていく方針だと報じた。

イングランド銀行(英中央銀行)による
250億ポンド(約5兆7000億円)にのぼる緊急支援のすべてもしくは一部を、
無期限で延長することを検討中としている。


posted by マッサ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OPEC諸国はドル安に不満、イラン大統領


石油輸出国機構(OPEC)の首脳会議に出席した
イランのマハムード・アフマディネジャド大統領は18日、

OPEC加盟国がドル安に対し不満をもっていることを明らかにした。

OPEC加盟国の中で2番目に産出量の多いイランは、
すでに原油価格の支払いをドルではなく、現地通貨での支払いに変更している。

一方、原油価格の基準通貨は依然として米ドルであり、
現在進行しているドル下落に伴い、産油国の原油収入も減少している。
posted by マッサ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サウジアラビア、温暖化対策研究の基金設立、3億ドル拠出(18日)


サウジアラビアの首都リヤドで17日に開幕した
石油輸出国機構(OPEC)首脳会議の冒頭で、

同国のアブドラ・ビン・アブドルアジズ国王は
3億ドル(約330億円)規模の基金を設立し、
地球温暖化が引き起こす気候変動に対して技術的解決に取り組むことを発表した。

同国王はまた、
石油がもたらす環境と気候への影響を誇張しようとする試みを
「間違ったもの」との見方を示した。
posted by マッサ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<ペット火葬>ブーム便乗の悪質業者横行(17日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071117-00000055-mai-soci

数十万円の請求も(毎日新聞)

ペットの火葬をめぐり、トラブルが相次いでいる。

焼却炉を備えた車で飼い主宅まで出張した業者が、
死骸(しがい)を焼却炉に入れた後に数十万円の高額料金を請求するもの。

「嫌なら今すぐ焼却炉から出す」「遺骨を返さない」−−などとすごみ、
飼い主の愛情につけ込み金を要求する。

ペットブームに便乗した悪質商法に、各消費者センターは注意を呼びかけている。
posted by マッサ at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHK集金スタッフ195人「一方的賃金カット不当」提訴(13日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071113-00000964-san-soci

NHKの受信料不払いが増えたため設けられた
集金スタッフの減収対策手当を一方的にカットされたのは不当として、

集金スタッフ195人が13日、

NHKに平成19年4−7月分の減収分計約2400万円の
支払いを求める訴えを東京地裁に起こした。(産経新聞)

訴えによると、集金スタッフには、
基本給に加えて、受信料の集金件数などに応じた歩合給が支払われている。
posted by マッサ at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風邪の症状、ウイルス変異で10人死亡…米で過去1年半に(18日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071117-00000315-yom-soci

風邪の症状を引き起こすアデノウイルスが変化した変異型のウイルスによって、
過去1年半の間に米国で10人が亡くなったことが、
米疾病対策センター(CDC)の調査でわかった。(読売新聞)

オレゴン、ワシントン、テキサスの各州でも合わせて
少なくとも約140人が感染したことが確認された。

アデノウイルスに対しては現在、効果的な治療法はなく、
安静にするなどの処置が通常行われている。
posted by マッサ at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新日石、ガソリン卸値引き上げへ=店頭価格155円も(16日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071116-00000134-jij-bus_all

新日本石油の渡文明会長は16日、

石油連盟会長としての定例会見で、
新日石の12月のガソリン調達コストに関し、
「(前月比1リットル当たり)4.9円上昇する」との認識を示した。

これを受け同社の12月出荷分のガソリン卸値は、
前月比で1リットル当たり5円前後引き上げられる見通し。

また、灯油価格についても同額程度引き上げるとみられる。(時事通信)
posted by マッサ at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<ガソリン価格>初めて150円突破(14日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071114-00000109-mai-brf

2週連続最高値を更新(毎日新聞)

石油情報センターは14日、

ガソリンスタンドの小売価格調査(12日現在、消費税込み)を発表した。

レギュラーガソリンの全国平均価格は、
前週より1リットル当たり0.2円高い150.1円と、
87年の統計開始以来、初めて150円の大台を超えた。

灯油(店頭)価格も18リットル当たり同11円高の1605円と、
初めて1600円を上回った。ともに2週連続の最高値更新。
posted by マッサ at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OPEC首脳会議冒頭でチャベス大統領、「米の攻撃で石油価格は2倍に」


リヤドで17日に開幕した石油輸出国機構(OPEC)首脳会議の冒頭で、

ウゴ・チャベス、ベネズエラ大統領が、更なる原油価格高騰の可能性について言及した。

冒頭の演説の中でチャベス大統領は、
すでに1バレルあたり100ドル近くにまで上昇している原油価格に言及。

「仮に米国が愚かにもイランやベネズエラを攻撃すれば、
原油価格は150ドルにも200ドルにも跳ね上がるであろう」と警告した。
posted by マッサ at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベネズエラ:中国への燃料油の輸出増 融資と引き換え(8日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071108-00000034-scn-cn

中国国家開発銀行は6日、

ベネズエラ政府との間で60億米ドル規模の投資ファンドを設立することで合意した。

同行が40億米ドルを融資する。
同ファンドはベネズエラ国内への投資を主に行うという。

8日付で人民網などが伝えた。(サーチナ・中国情報局)

これに対してベネズエラは
燃料油などの対中輸出量を2倍以上に拡大することで返済する方針。
posted by マッサ at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベネズエラ政府、「大統領を侮辱した」としてCNNと国内テレビ局を告訴(5月29日)


ベネズエラ政府は28日、

ウゴ・チャベス大統領と国際テロ組織アルカイダの関係を
連想させるような映像を流したとして米CNNテレビを起訴した。

さらに、チャベス大統領の暗殺をあおっているとして、
ベネズエラのテレビ局「Globovision」も同時に告訴した。

チャベス大統領に批判的な番組を放映してきた
ベネズエラの民放局「ラジオ・カラカス・テレビ(RCTV)」は、
チャベス大統領により免許をはく奪され、28日午前0時に放映を終了した。

同テレビ局は、54年の歴史を持つ。
posted by マッサ at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベネズエラ、憲法改正に反対する学生デモ隊と治安部隊が衝突(10月24日)


ベネズエラの首都カラカス中心部で23日、

反米左派ウゴ・チャベス大統領の権限強化を柱とする憲法改正に
反対する学生デモ隊数千人が、治安部隊や大統領支持派の市民らと衝突した。
posted by マッサ at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベネズエラ国会が憲法改正案を可決、国民投票へ(3日)


ベネズエラの国会は2日、

ウゴ・チャベス大統領の権限拡大を認めることになる憲法改正案を、
賛成161、棄権6の圧倒的多数で可決した。

チャベス大統領による憲法改正案は、
12月2日に実施予定の国民投票によって最終的な承認を得る必要がある。

承認された場合、大統領は非常事態が発生した場合に報道規制を行うことが可能となり、
また、大統領の再選禁止も撤廃され、任期も6年から7年に延長される。
さらに、大統領は新たな行政区域を作成し、管轄する副大統領の指名もできることとなる。

憲法改正案にはまた、「21世紀の社会主義」建設も盛り込まれており、
軍事や金融政策についての決定権も拡張される。
posted by マッサ at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベネズエラ大統領、対スペイン関係を「見直す」と発言(15日)


ベネズエラのウゴ・チャベス大統領は14日、

スペインとの外交関係を「抜本的に見直している」と発言した。

先週末まで開催の「イベロアメリカ首脳会議」の閉幕直前に
スペイン前首相をこきおろしたチャベス大統領は、
スペイン国王フアン・アルロス1世から「黙れ」と一喝されていた。
posted by マッサ at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベネズエラ議会が憲法改正案を議決、チャベス体制強まる(10月18日)


ベネズエラ議会は15日、

ウゴ・チャベス大統領による憲法改正案について、
既に承認していた33条項に加え、さらに25条項を改正することを議決した。

新たな改正案で問題視されているのは、
大統領自身が宣言する非常事態下での大統領の権力強化案で、
憲法で保証されている権利や訴訟手続の保留などが含まれる。

また、大統領の再選制限を撤廃し任期を延長する案や、
中央銀行の独立性を廃止し外貨準備金を大統領の管轄下に置く案のほか、
「愛国的、反植民地主義的」として軍を再編する案などがある。

新たに改正される25条項については、
16日から審議を開始し、12月2日に国民投票を行う。
posted by マッサ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。