2007年11月27日

<温室効果ガス>削減目標達成へ、ハンガリーから排出権

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071126-00000038-mai-soci

政府は京都議定書で義務付けられた日本の温室効果ガス削減の目標達成に向け、
ハンガリー政府から排出権取引(ET)により、余剰排出枠を買い取ることを決めた。

二酸化炭素(CO2)換算で最大1000万トンの購入を視野に、
週内にも具体的な交渉を始める見通しだ。

成立すれば、海外からの余剰排出枠購入は初めてとなる。

ハンガリーに支払う代金は、使い道を省エネなどの環境対策に限る
「グリーン投資スキーム(GIS)」で行われる。

今回の交渉で、日本がハンガリーから1000万トン全量を買った場合は、
支払代金は200億円規模になる見通し。(毎日新聞)

社会主義から市場経済への移行の過程で経済活動が一時的に停滞し、
定められた排出枠が余っている旧共産圏のロシアやハンガリーなど
東欧諸国からの購入が見込まれている。


posted by マッサ at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オーストラリア総選挙、野党勝利(25日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071125-00000049-san-int

労働党党首、ケビン・ラッド氏 外交官出身の親中派(産経新聞)

自他ともに認める親中派の政治家だ。

中国との出合いは10歳のとき。
母親から中国古代文明の本を与えられ、歴史ロマンに没頭した。

11歳のときに父親を交通事故で亡くし、
苦学の末、オーストラリア国立大で中国語と中国史を学んだ。

1998年の下院選で初当選し昨年末、労働党党首に就任したばかり。
党内右派に属し、自ら「経済政策では保守的」と公言する。

だが、その手腕は未知数で、
労働組合出身者ら党内左派との路線対立が激化するのは時間の問題とも。

イメージ先行の若きリーダーの真価が問われるのはこれからだ。
実業家の妻との間に2男1女。クイーンズランド州出身。50歳。
posted by マッサ at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

追い越し車線逆走 富山の82歳男性

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071126-00000252-mailo-l16

北陸道下り線で/富山。(毎日新聞)

立山町前沢の北陸道下り線で24日午後6時5分ごろ、

富山市の自営業男性(82)運転の乗用車が追い越し車線を逆走し、
避けようとした新潟県長岡市宮本町の会社員男性(50)の乗用車が
中央分離帯や路肩ガードレールに衝突した。会社員は左足に軽傷。

自営業男性はさらに約1・5キロ逆走を続けたが、県警高速隊が止めた。

逆走にも事故にも気付いていないという。
ラベル:逆走 富山 北陸道
posted by マッサ at 01:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界最大の運転模擬装置―静岡県裾野市

http://www.afpbb.com/article/economy/2317546/2398099

トヨタ自動車が公開した世界最大規模の運転模擬装置。

直径7.1メートル、高さ4.5メートルの半球状で、
中心に乗用車の車体があり、周囲は360度のスクリーンとなっている。
(トヨタ自動車東富士研究所)

外観
http://www.afpbb.com/article/economy/2317561/2398184
posted by マッサ at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BAの新ビジネスクラスシート「クラブワールド」がお披露目


ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は26日、

東京で同社の新ビジネスクラスシート「クラブワールド」を発表した。

ロンドン・ヒースロー空港の新ターミナル「T5」のオープンを2008年3月に控え、
同社のウィリー・ウォルシュ最高経営責任者はプロモーションのため来日している。
posted by マッサ at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海ブレント、最高値を更新


26日のロンドン原油先物市場では、需給不足への懸念が続き、
北海ブレント先物が1バレル=96.55ドルの史上最高値を付けた。

21日の1バレル=96.53ドルを上回り、最高値を更新した。

ニューヨーク市場では
同市場での最高値1バレル=99.29ドルをやや下回る99ドル前後を推移した。
posted by マッサ at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英ノーザン・ロック、ヴァージン・グループ連合が買収か、BBC報じる


英BBC(インターネット版)は25日、

資金繰りが悪化した英住宅金融大手ノーザン・ロックが、
ヴァージン・グループ主導のコンソーシアム(企業連合)による
買収提案を受ける見通しだと報じた。

詳細は26日に発表されるとしているが、取材源については明らかにしていない。

BBCによると、ヴァージンの提案は、

イングランド銀行(英中央銀行)がノーザン・ロックに対して行った
250億ポンド(約5兆6000億円)の緊急支援のうち
110億ポンド(約2兆5000億円)を速やかに返済するとの内容を含み、
英財務省もすでにこの提案を承認しているという。

また、英財務省とノーザン・ロックが株主に対し、ヴァージンの提案を受け入れなければ
破産手続を行うことになると説明するだろうとしている。
posted by マッサ at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「インフレ上昇率は容認できない」と欧州中央銀行理事


欧州中央銀行(ECB)のユルゲン・シュタルク専務理事は、
ドイツの日曜紙ヴェルト・アム・ゾンタークに25日掲載されたインタビューで、

ユーロ圏のインフレ上昇率は黙認できないレベルと述べた。
一方で、物価上昇は「一時的なもの」との見解を示した。

シュタルク氏は、特に原油と食料品の価格上昇が原因で
物価の不安定傾向が高まっていると指摘。

「現在の潮流には満足できない。2008年下半期に物価上昇圧力が弱まるまで、
インフレ上昇は長期にわたると考えなければならない」と述べた。

ユーロ圏の10月のインフレ率は2.6%と予測され、
年明けにはさらに上昇する可能性も指摘されている。
posted by マッサ at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イラクで太陽熱を利用した温水装置が人気


イラクでは温水の需要と電気の供給量不足から、

太陽熱を利用した温水装置の人気が高まっている。
posted by マッサ at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランス・スペイン間を結ぶ鉄道トンネルの工事が完了


フランス南部Boulouで23日、

ピレネー山脈を貫き、フランス-スペイン間を結ぶ
「ダブルチューブ」トンネルの工事が完了した。

トンネルには高速鉄道TGVの路線が設置される。
posted by マッサ at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

設備投資、2004年度以来4年連続2ケタ増(25日)


2007年度の国内企業による設備投資額は、

全産業で前年度を11.0%上回り、4年連続2ケタ増となったことが分かった。
日本経済新聞が主要企業1695社への調査を行い25日、報じた。

国外への設備投資を含めるこの調査は前年度比で、
設備投資額が1987年度から1991年度までのバブル期の5年連続増加に並び
これまでの最長となった。

サブプライムローンに端を発する景気不安材料も浮上するなか、
幅広い業種で企業の投資意欲はなお強いと、同紙は伝えている。

設備投資を牽引したのは非製造業の14.8%増で、
1980年度の14.9%増に次ぐ高い伸びを示した。
posted by マッサ at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悲観視されたクリスマス商戦、NYでの滑り出しは好調(24日)


感謝祭を終えて米小売最大の商機であるクリスマス商戦が幕を開けた。

ニューヨークでは悲観的な経済見通しを振り払うように、好調な滑り出しを見せている。

小売店の販売担当者の中にも、前年に比べ混雑は緩いとの印象がある一方、
レジでは客の購買力の落ち込みは感じないとの声が多い。

特に、
ドル安で米国内での商品購入に割安感の出た欧州からの買い物客が増加しているという。
posted by マッサ at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仏スト収束、鉄道運行も正常化へ(24日)


フランスで23日、

9日間に及び全国的に行われていた交通機関のストライキが収束へ向かい、
鉄道の運行状況が正常化し始めた。

一方、ストの収束がニコラ・サルコジ仏大統領が掲げる
特別年金制度改革の勝利となるかについては賛否両論だ。

大半のパリ市民は、前週のスト開始以来初めて平穏に通勤した。

フランス国鉄(SNCF)によると、
全国的にも週末までに運行が完全に回復する見通しだという。
posted by マッサ at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。