2008年08月14日

株価急落で個人投資家が激怒、パキスタン取引所で猛抗議(7月18日)


パキスタンのカラチ、イスラマバード、ラホールの各証券取引所前で17日、

個人投資家らが株価低迷に抗議するデモを行い、窓を割ったりタイヤを燃やすなどした。


posted by マッサ at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY原油、3日続落で130ドル割れ NY株は続伸(7月18日)


17日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)の原油先物市場は、
景気減速にともない需給ひっ迫が緩和するとの見方から、3日連続で大幅に下落。

米標準油種の軽質スイート原油(WTI)8月渡しが、
前日終値比5.31ドル安の1バレル=129.29ドルで取引を終えた。

前週11日に147ドルを突破した後、
今週に入ってからの下げ幅は15ドル以上になった。
posted by マッサ at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米JPモルガン・チェース決算、純利益53%減 市場予想は上回る(7月18日)


米銀行大手JPモルガン・チェースが
17日に発表した2008年4-6月期決算は、

住宅市場や信用収縮問題に関連した評価損、
米証券大手ベアー・スターンズの吸収合併に伴う損失などで、

純利益が前年同期比53%減の約20億ドル(約2100億円)と大幅な減益となった。

ただ、事前の市場予想は上回る結果となった。


サブプライムローン特集138
posted by マッサ at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IMF、世界経済見通しを上方修正 厳しい現状認識も(7月18日)


国際通貨基金(IMF)は17日、
4月に発表した「世界経済見通し(WEO)」を改定し、

2008年の世界経済の成長率を当初の3.7%から4.1%に上方修正した。

一方で、
景気が減速する中でのインフレ圧力が高まっていると指摘し、
世界経済は依然として「厳しい状況」にあるとした。
posted by マッサ at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米インディマックにFBIが捜査着手、詐欺容疑で(7月17日)


米連邦捜査局(FBI)は、
経営破たんした住宅金融大手インディマック・バンコープ(カリフォルニア州)に対し、
詐欺容疑での捜査に着手した。

米メディアが17日報道した。


サブプライムローン特集137
posted by マッサ at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国、竹島問題で日本製コンドーム広告を地下鉄から撤去(7月17日)


韓国の首都ソウルの地下鉄運営会社、ソウルメトロは17日、

地下鉄車内に掲示していた日本製コンドームの広告をすべて撤去したことを明らかにした。
posted by マッサ at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大和証券グループ、ブラジル大手銀イタウと提携(7月17日)


日本経済新聞は17日、
大和証券グループがブラジルの大手金融イタウ銀行(Banco Itau)グループと
証券業務で提携すると報じた。

日本の証券会社とブラジルの金融グループの包括的提携は初めて。
posted by マッサ at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国経済、上半期の成長率は10.4% やや減速も依然好調(7月17日)


中国国家統計局が17日発表した
2008年1-6月の中国の国内総生産(GDP)成長率は、

国内のインフレ圧力と世界的な経済不安から減速しつつも依然2ケタ成長を記録し、
前年同期比10.4増加した。

第2四半期(4-6月)の伸び率は10.1%だった。
posted by マッサ at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ANA、燃料高で不採算路線の見直しへ(7月17日)


全日本空輸(ANA)の山元峯生社長は16日、

燃料高騰を相殺するため不採算路線の減便を検討していることを明らかにした。
posted by マッサ at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米政府系住宅金融2社「破たんの危険はない」、FRB議長が証言(7月17日)


米連邦準備制度理事会(FRB)のベン・バーナンキ議長は16日、
下院金融サービス委員会で証言し、

経営難に陥っている
米連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)および米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)は
「破たんの危機はない」との見解を示した。

これを受けて両社の株価は上昇、金融危機拡大の懸念が緩和された。


サブプライムローン特集136

関連

各国の株式市場、売り先行から一転して反発 米金融市場への不安弱まる(7月17日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/104647267.html
posted by マッサ at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY原油続落、需給ひっ迫懸念緩和で NY株は反発(7月17日)


16日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)の原油先物市場は、
米原油在庫の増加を受け、

米標準油種の軽質スイート原油(WTI)8月渡しが
4.14ドル安の1バレル=134.60ドルで取引を終えた。
posted by マッサ at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。