2008年06月12日

故郷の現実を撮ったチベット人 Tash Despaタッシュ・ダスパ/ジャーナリスト(5月27日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080527-00000000-cou-int

18歳の頃、家族に知らせずインドに単身亡命したタッシュは、
昨年の夏、ビデオカメラを隠し持って故郷のチベットに潜入した。

彼は、
中国政府によって、強制的に避妊手術を受けさせられている女性や、
中国語が話せないと商売することさえ許されないチベット人の厳しい現状について、
3か月間撮り続け、それを持ち帰ることに成功した。(COURRiER Japon + hitomedia)


チベット特集516


posted by マッサ at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。