2008年06月14日

<北京五輪>組織委、外国人が守るべき57項目まとめる(3日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080603-00000109-mai-soci

8月に開幕する北京五輪の組織委員会は3日、
大会期間中に訪れる外国人が守るべき事柄をまとめた「法律指南」を公表した。

「五輪競技場内で宗教、政治、人種をめぐるスローガンを掲げることを禁ずる」など
全57項目にわたる。

公共の場で中国国旗を燃やしたり、踏んだりする行為は、国内法違反で
「刑事責任を問われる」と強調。

「国家安全や社会の公共利益を脅かす行為をする可能性がある」外国人は
入国が許されず、大会期間中の集会やデモは公安機関の許可がない限り禁止。
中国国内の民家に宿泊する場合は、地元の公安機関への届け出が必要となる。(毎日新聞)


チベット特集549

中国国旗以外なら処罰されないのでしょうか。気になります。

関連

<聖火リレー>『愛国有罪』!木に登る観衆、ゴミの山…国旗まで捨てられ―中国(5月12日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/99424789.html


posted by マッサ at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。