2008年06月20日

台湾総統、中国に配慮?「天安門事件」非難避ける(4日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080604-00000960-san-int

台湾の馬英九総統は天安門事件から19周年にあたる4日、談話を発表し、

四川大地震への対応を評価して「(中国の)改革開放はすでに一定の成果があった」と
中国の立場に理解を示す姿勢を鮮明にした。

来週に予定される中台対話の再開を控えての政治配慮とみられるが、
中国の人権問題を批判していた従来の主張を大きく軌道修正した形で、
台湾世論に失望感を与えれば、今後の政権運営にも影響を与えそうだ。(産経新聞)


チベット特集554


posted by マッサ at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。