2008年06月20日

チベット問題、サミットで直接対話を 全国の僧侶が会設立へ(6日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080606-00000940-san-soci

7月の北海道洞爺湖サミットで、
中国政府とチベット仏教のダライ・ラマ14世の直接対話を実現させようと、
全国の僧侶16人が18日、「宗派を超えてチベットの平和を祈念する会」を設立する。

日本記者クラブ(千代田区内幸町)で6日開かれた会見では、
代表幹事で熊本県玉名市の誕生寺住職、川原英照氏(56)が
「同じ仏教徒として、惨状を見過ごすことはできない」と力をこめた。(産経新聞)


チベット特集563


posted by マッサ at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。