2008年06月21日

米国最後の馬肉処理場が閉鎖取り消しを求めた上告、米最高裁が棄却(17日)


米国最後の馬肉処理場を経営する企業が、
国産馬肉は欧州で非常に高く評価されているとして

処理場への閉鎖命令の取り消しを求めていた裁判で、
最高裁判所は16日、この企業の上告を棄却した。

国内では前年まで、テキサス州に2か所、イリノイ州に1か所の
計3か所の馬肉処理施設が運営されていた。

だが、動物保護団体からの圧力を受け、
両州で馬の食用を禁止する法律が制定されたことから、すべてが閉鎖された。


牛は動物保護団体の対象外なのでしょうか。


posted by マッサ at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。