2008年06月22日

「一つの中国」棚上げ 不信払拭狙う中国の戦略(14日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080614-00000103-san-int

「一つの中国の原則を堅持し、祖国の平和的統一を勝ち取る努力を決してあきらめない」。
昨年秋に開かれた中国共産党全国代表大会で、胡錦濤総書記(国家主席)は、
中国が長年掲げてきた対台湾政策の基本原則である「一つの中国」を改めて強調した。

しかし今回、中国は台湾と交渉に臨む際、ひそかにこの基本原則を棚上げにした。

就任後の馬英九総統も、先月末に中国を訪問した呉伯雄国民党主席も、北京訪問中の
江丙坤海峡交流基金会理事長も、「一つの中国」の表現を意識的に避けている。

中国側も「中華民族」や「同胞」といったあいまいな言葉でお茶を濁し、
台湾が求める直行便や中国観光客の拡大などの要求を次々と承認した。(産経新聞)


チベット特集594


posted by マッサ at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。