2008年06月29日

残虐独裁で死者 ジンバブエの「弾圧」拷問キャンプ(20日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080620-00000906-san-int

27日に大統領選の決選投票が行われるアフリカ南部ジンバブエで、
ムガベ独裁政権による野党勢力への弾圧が一段とエスカレートしている。

国際社会は公正な自由選挙の実施を求めているが、
ムガベ大統領(84)は「これは欧米帝国主義に対する闘争だ」と宣言。

国際人権団体によると、
各地に拷問キャンプが設置され、野党関係者に残虐な暴行が加えられている。

現地からの報道によると、5期目を狙うムガベ氏は、最大野党、
民主変革運動(MDC)のツァンギライ議長(56)を「欧米の操り人形」と攻撃。

「祖国を白人支配の時代に逆戻りさせてはならない」と述べ、決選投票に負ければ
ムガベ派の軍や退役軍人たちが武器を取って蜂起するとまで公言している。(産経新聞)


ジンバブエ特集32


posted by マッサ at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。