2008年07月05日

イラク政府、技術支援で国際石油資本と物別れ(1日)


イラク政府は6月30日、

原油増産を目的とした技術支援に関し、
国際石油資本と合意には至らなかったと発表した。

フセイン・シャハリスタニ石油相によると、イラク政府は

英・オランダのロイヤル・ダッチ・シェル、英BP、米エクソンモービル、
米シェブロン、仏トタルなどと交渉を進めてきた。


posted by マッサ at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。