2008年07月19日

世界の食糧安全保障に関するG8首脳声明、輸出規制の撤廃求める(9日)


北海道洞爺湖サミット(G8)2日目の8日、
G8首脳は世界の食糧安全保障に関する首脳声明を発表した。

声明では、
食糧価格が大幅に上昇した場合は、十分な食糧備蓄を有する国に対し、その余剰の一部を食糧難の国へ「貿易を歪曲しないかたち」で提供するよう呼びかけられた。

また、人道目的の食品購入を妨げる輸出規制に関しても撤廃することが必要だとしている。


関連

食糧危機対策、日本の備蓄米に世界が注目(5月27日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/98433192.html

日本に眠るミニマムアクセス米、放出でコメ高騰対策に 米NGO(5月15日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/97195092.html

食糧危機でバイオ燃料が非難の的、国際エネルギーフォーラムで(4月22日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/94390649.html

バイオ燃料の排斥こそ「人道に対する罪」、ブラジル大統領が反論(4月17日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/93831500.html

バイオ燃料生産は「人道に対する罪」、国連報告官(4月16日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/93821572.html


posted by マッサ at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。