2008年07月23日

東証システム障害 先物など取引一時停止

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080723-00000068-san-bus_all

東京証券取引所は22日、システム障害で
東証株価指数(TOPIX)先物と国債先物取引、同オプションなど金融派生商品の取引で、
午前の取引開始直後から午後1時45分まで売買を一時停止した。

このトラブルで現物国債の売買にも支障が出て、国債の実勢取引を反映した
長期金利の算出ができないなど金融市場に大きな影響が出たが、
一般の上場株式などへの影響はなかった。

東証は2月と3月にもシステム障害で一部取引を停止しており、来年度の
株式上場と次世代システム移行を控え、取引所の信頼性が揺らいでいる。(産経新聞)


前回の障害よりも規模が大きくなっているのが気になります。

関連

全国信金のシステム障害が復旧、未処理の振り込み完了(2月26日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/87671265.html

東証の先物取引でシステム障害 終日停止に(2月8日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/83142659.html

東証が1株当たりの売買値段を小刻みに、今夏にシステム対応(1月29日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/83149235.html


posted by マッサ at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。