2008年08月09日

日中首脳会談 福田首相「拉致解決なければ日朝国交正常化なし」(7月10日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080710-00000900-san-pol

福田康夫首相は9日夕、
北海道洞爺湖サミットが開かれたホテルで、中国の胡錦濤国家主席と会談した。

首相は10日から6カ国協議首席代表会合が開催されることに関連し、
「北朝鮮の完全な核放棄の実現につなげていきたい」とした上で

「北朝鮮の核放棄に成功した場合でも、
拉致問題が解決しなければ国交正常化はない」と指摘した。

首相が、拉致問題の解決なしに国交正常化はないと明確に述べたのは異例だ。(産経新聞)


チベット特集715


posted by マッサ at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。