2008年08月11日

仏石油大手トタル、イランのガス田開発事業から撤退(7月10日)


フランスの石油大手トタル(Total)は
イランでの天然ガス田開発事業への投資は
「政治的リスクが大きすぎる」として、同事業への参加を撤回すると発表した。

英フィナンシャル・タイムズ紙が10日、報じた。


posted by マッサ at 17:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

サハリン産ガス が日本へ
Excerpt: ロシア極東のサハリン沖で進められている、石油と天然ガ スの開発計画「サハリン2」で生産される液化天然ガスが、 日本へ輸出されることになります。
Weblog: とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!
Tracked: 2008-11-24 17:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。