2008年08月12日

ファニーメイとフレディマック株の下落、新たな金融危機の前兆か(7月12日)


米連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)および米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)株式の
パニック的な売りが続くなか、

両社の株価暴落が市場の信頼の危機なのか、あるいは、
より広範囲な経済悪化への序章にあたるのかとの議論が持ち上がっている。


サブプライムローン特集128

関連

米政府、「ファニーメイ」と「フレディマック」の救済策を検討(7月11日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/104627205.html


posted by マッサ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。