2008年08月13日

暴君ムガベの意外な「おとなしかった時代」(7月14日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080714-00000012-gen-ent

●サミットでも非難囂々だったが……

サミットのG8拡大会合で、支援拡充を求めるアフリカ側に対して、
先進国側は「アイツがいたんじゃ、国民がアフリカ支援を納得しない」と激しく批判した。

アフリカには
40万人を虐殺したウガンダのアミン、反政府活動家を処刑して食べたザイール
(現コンゴ民主共和国)のモブツ、ナポレオンをまねて戴冠(たいかん)式をやった
中央アフリカのボカサなど、とんでもない暴君が次々と現れるが、

ジンバブエのロバート・ムガベ大統領(84歳)もそんなひとりだ。(日刊ゲンダイ)


ジンバブエ特集43


posted by マッサ at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。