2008年08月14日

米政府系住宅金融2社「破たんの危険はない」、FRB議長が証言(7月17日)


米連邦準備制度理事会(FRB)のベン・バーナンキ議長は16日、
下院金融サービス委員会で証言し、

経営難に陥っている
米連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)および米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)は
「破たんの危機はない」との見解を示した。

これを受けて両社の株価は上昇、金融危機拡大の懸念が緩和された。


サブプライムローン特集136

関連

各国の株式市場、売り先行から一転して反発 米金融市場への不安弱まる(7月17日)
http://yukimassa.seesaa.net/article/104647267.html


posted by マッサ at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。