2007年06月16日

次に、いつ投資するか?

国外物なら為替に影響を受けて変動します。

一般的に、国外物は円高になると価格が安く、円安時は高騰します。

この為替変動を、ヘッジ(リスクを回避)する物もありますが、ヘッジのコストが大きく、ヘッジ無しの物よりリスクが減りますが、リターンも減ります。


金利の変動の影響。(為替にも影響有り)

国債の価格は金利が上昇すると下がりますので、国債物を買う時は金利が上がりきった時がベストでしょう。(一部例外あり、物価連動国債など)

また、株や不動産も金利が上がれば下がります。


ラベル:投資信託
posted by マッサ at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。