2007年08月18日

米住宅ローン最大手、1兆3000億円の信用枠全額を使い資金調達へ


米国の住宅ローン最大手、カントリーワイド・ファイナンシャルは16日、

世界の大手銀行40社から供与されている115億ドル(約1兆3000億円)の
信用枠全額を使い、資金調達することを発表した。

発表を受け、
米信用市場の格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは直ちに同社を格下げ。
債務格付けを投資適格級からジャンク(投機的)等級の1ノッチ上、Baa3に引き下げた。

その他の格付けについても、今後さらに引き下げる可能性があるとしている。


posted by マッサ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。