2007年08月18日

米FRB、公定歩合引下げ


米連邦準備制度理事会(FRB)は17日、

世界的な信用不安に起因する金融市場の混乱に対処するため、
公定歩合を年5.75%へ0.5%引き下げた。

公定歩合は金融機関への貸付金利。
引き下げには住宅ローン市場の混乱によって圧迫された米国内の金融システムを
落ち着かせる狙いがある。

なお、短期金利の誘導目標であるフェデラル・ファンド(FF)金利は5.25%のまま据え置いた。


posted by マッサ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。