2007年08月27日

<コムスン>施設系事業をニチイ学館に売却へ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070826-00000025-mai-bus_all

グッドウィル・グループ子会社のコムスンが運営する老人ホームなどの施設系事業が、
ニチイ学館に売却される見通しになった。

コムスンから選定を任された第三者委員会(委員長・堀田力弁護士)が、
27日にも正式決定する。

売却先はニチイと、居酒屋チェーンのワタミに絞られていたが、
ニチイが、ワタミを上回る百数十億円の買収価格を提示した模様で、
事業実績や価格面からニチイが選定される見通しだ。

コムスンは、訪問介護などの在宅系サービスについては、
都道府県ごとに分割して売却する方針で、9月中旬までに売却先を決める。


posted by マッサ at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。