2007年08月28日

中国政府、中国製玩具リコールの米マテルを非難


中国製玩具約2000万個の自主回収を世界規模で行うと発表した米玩具大手マテルに対し、

中国の製品安全監視当局は27日、
対象となった製品の設計上の問題は、中国内の製造メーカーではなく、
マテル側の責任だと非難した。

中国の国家品質監督検験検疫総局(AQSIQ)の李長江局長は同日、報道陣に対し、

マテル社が回収対象としている約2000万個の玩具のうち85%は、
設計上の欠陥が問題で、中国の製造メーカーが使用した塗料が含有する鉛が危険だとして
回収されるのは全体の15%のみだと反論した。


posted by マッサ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。