2007年08月29日

宗教団体への「神頼み」通じず…木村被告に有罪 耐震偽装判決(10日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070810-00000910-san-soci

「構造計算書を改竄(かいざん)していたことがばれてしまった。なにとぞお助けください」。

耐震偽装事件で有罪判決を受けた木村盛好被告(75)は、事件発覚直前の
平成17年11月6日夜、信仰する長野県内の宗教団体にこう書いた祈願書をファクスしていた。

弁護側は公判で、この祈願書を「詐欺行為が念頭になかった証拠」と主張していたが、
判決では考慮されず、“神頼み”は通じなかった。(産経新聞)


posted by マッサ at 00:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

耐震偽装
Excerpt: 耐震偽装構造計算書偽造問題(こうぞうけいさんしょぎぞうもんだい)は、2005年11月17日に国土交通省が、千葉県の「A建築設計事務所」のA元1級建築士が、地震などに..
Weblog: まいのブログ
Tracked: 2007-10-18 07:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。