2007年08月29日

さくらパパ「女性への暴力なく賭けレート低い」週刊新潮を提訴

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070828-00000922-san-pol

7月の参院選で、民主党の公認候補として初当選した横峯良郎議員(47)が28日、

「週刊新潮」に交際していた女性への暴力や高額の賭けゴルフをしていたとする
記事を掲載され、名誉を傷つけられたとして、発行元の新潮社と交際女性などに
慰謝料5500万円と謝罪広告の掲載を求める訴えを東京地裁に起こした。

週刊新潮は今年8月30日号に、
横峯議員が交際女性への暴力や高額の賭けゴルフを常習的にしていたとする記事を掲載。

横峯議員は、女性と約2カ月間交際したことや、
10年ほど前に知人と少額の賭けゴルフをしたことは認めたが
「記事はほとんどが虚偽」と反論し、女性への暴力や高額の賭けゴルフは否定。

さらに立候補を表明後の今年7月、
交際女性から慰謝料500万円を要求されたことなどを明らかにし、
「不当な金銭要求や記事掲載で精神的苦痛を受けた」と主張している。(産経新聞)


posted by マッサ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。