2007年08月30日

米国労働人口の約9割が自分の仕事に満足、米大学調査(28日)


米国の労働人口の9割近くが自分の職に満足しており、
65歳を過ぎても働き続ける人にとりわけその傾向が強いことが、
シカゴ大学の調査で明らかになった。

1972年から2006年にかけ、2万7587人を対象に行ったこの聞き取り調査では、

回答者の86%が仕事に「満足」しており、
そのうち48%は「大変満足」しているという結果が出た。

調査は人種・民族別の傾向も分析している。

白人では50%以上が「大変満足」と回答したのに対し、
ヒスパニック系では46%、
アフリカ系米国人では40%にとどまった。


posted by マッサ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。