2007年09月07日

株信用取引手数料に不当つり上げの疑い

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070906-00000001-yom-soci

証券監視委が検査(読売新聞)

株の信用取引をする投資家が、

証券会社を通じて株を借りた相手に手数料として支払う「品貸料」が
不当につり上げられている疑いのあることがわかった。

品貸料を決める証券金融会社の入札で、最大手の「日本証券金融」(東京都中央区)が、
入札に参加する証券会社に高めの価格を提示するよう働きかけていたとみられる。


posted by マッサ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。