2007年09月19日

米FRB、政策金利0.5%引き下げ


米連邦公開市場委員会(FOMC)は18日、ワシントンD.C.で会合を開き、

フェデラルファンド(FF)金利を0.5ポイント引き下げて4.75%とすることを決定した。

これは米サブプライム(信用度の低い借り手向け住宅ローン)問題の影響による
住宅、金融両市場の動向を受けた措置。

FOMCは全会一致で利下げを決定。
公定歩合も0.5ポイント引き下げて5.25%とした。


posted by マッサ at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。