2007年09月20日

米欧にインフレ懸念台頭、円債市場にもスティープ化の動き

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070920-00000778-reu-bus_all

米欧金融市場でインフレ懸念が強まる中、

20日の東京市場ではジワリと長期ゾーンの金利が上がり始めた。

日銀の利上げ時期に関して市場の見方は収れんしていないが、
米連邦準備理事会(FRB)の積極的な利下げを受けて
米欧市場では物価上昇への警戒感が急速に台頭。

インフレの心配のない東京市場では、
イールドカーブのスティープ化がゆっくりと進んでいる。(ロイター)


posted by マッサ at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。