2007年10月16日

モザンビークでアフリカ最大規模のエタノール生産事業が開始へ(14日)


モザンビークのErasmo Muhate農相は12日、

2008年より同国でアフリカ大陸最大規模のエタノール製造事業が
始められることを明らかにした。

投資額は5億1000万ドル(約600億円)。

同農相は、「3万ヘクタールのサトウキビ畑を開拓するほか、
サトウキビからエタノールを生産する工場の建設を計画している」と述べた。


posted by マッサ at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。