2007年10月30日

米消費者安全委、新たに中国製玩具数十万個のリコールを発表(26日)


米消費者製品安全委員会(CPSC)は25日、

安全基準値を超える鉛を含んだ塗料が使用されているとして、
中国製の玩具と装身具、数十万個を対象とした自主回収を発表した。

CPSCによる中国製玩具のリコール発表は今年2度目。
玩具世界最大手の米マテルが特に大きな影響を受けている。


posted by マッサ at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。