2007年10月31日

「ユーロ・原油高は今後も継続」、専門家が見通し(30日)


記録的なユーロ高および原油高について、複数のアナリストは、
経済のファンダメンタルズと投機的な関心が相まってこうした傾向は今後も続くとみている。

29日午前のユーロ為替相場は、一時1ユーロ=1.4438ドルと最高値を記録。

背景には、米連邦準備制度理事会(FRB)が今週、
サブプライム問題対応で前月に引き続き利下げするとの期待感がある。

利下げ幅は「0.25%以上」というのが大方の見方だ。


posted by マッサ at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。