2007年10月31日

東電が28年ぶり最終赤字へ、柏崎刈羽原発の復旧費用等を計上

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071031-00000418-reu-bus_all

東京電力は31日、2008年3月期の業績予想を大幅に下方修正し、

28年ぶりに当期純損益が赤字に転落するとの見通しを発表した。

新潟県中越沖地震により運転を停止している
柏崎刈羽原発の復旧費用等6035億円を計上することが要因。

連結最終赤字は950億円で、1995年3月期に連結決算発表を開始して以降初めて、
単独では1200億円で1980年3月期以来28年ぶりの赤字となる。(ロイター)


posted by マッサ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。