2007年10月31日

<国税庁>金融業者への過払い金、差し押さえ取立訴訟

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071030-00000060-mai-soci

国税庁は所得税などを滞納している元建設業者が、

金融業者から利息制限法の上限利息を超えて返済させられていたとして、
金融業者に対し過払い分の返還を求める取り立て訴訟を起こし、
滞納された税金を回収することを決めた。

一部の地方自治体ではこうしたケースで取り立て訴訟を起こした例はあるが、
国税庁が行うのは初めて。(毎日新聞)


posted by マッサ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。