2007年11月05日

ハンブルクの港湾運営会社HHLAが上場 世界的な海運活況を受け高値をつける(3日)


ドイツのハンブルク港を運営する欧州第2位の港湾運営会社HHLAグループが2日、
フランクフルト証券取引所に上場した。

上場初日に公募価格53ユーロ(約8800円)を16.8%上回る
61.95ユーロ(約1万円)の値を付けた。

資金調達額は11億7000万ユーロ(約1950億円)で、
20億ユーロ(約3300億円)を調達したエンジンメーカーTognumに次ぐ、
ドイツで今年2番目に大きい新規株式公開案件となった。


posted by マッサ at 05:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ハンブルクの港湾運営会社HHLAが上場 世界的な海運活況を受け高値をつける
Excerpt: 欧州経済のファンダメンタルズは、まだまだ力強いものがあるのを感じさせるニュースですね。 欧州第二の港湾運営会社Hamburger Hafen und Logistik(HHLA)グループがIPO..
Weblog: 株式投資、FX投資、儲かる投資経済ニュース
Tracked: 2007-11-05 10:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。