2007年11月05日

ヤフーが謝罪、中国への情報提供で(4日)


米インターネット大手ヤフー(Yahoo)は2日、
同社提供の情報によって中国人ジャーナリストが逮捕された事件で、

事件を調査中の下院外交委員会に対して十分な情報を提供しなかったとして
謝罪の意を表明した。

服役中の中国人ジャーナリスト、師濤氏は2005年、

中国政府が地元メディアに天安門事件の特集を禁じていると
インターネット上で明らかにしたことが国家機密の漏えいであるとして有罪判決を受けた。

このとき、警察が同氏の身元割り出しに利用したのが、ヤフーが提供した情報だった。


posted by マッサ at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。