2007年11月13日

第3四半期のGDP、2四半期ぶりのプラス成長


内閣府が13日に発表した2007年第3四半期(7-9月)の国内総生産(GDP)速報値は、

年率換算で2.6%の伸びを示し、
第2四半期の停滞からもちなおし、不況への不安を一掃した。

住宅部門が足を引っ張っているものの、
活発な輸出と企業の設備投資の伸びがこの強力な回復を後押ししたと見られる。


posted by マッサ at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。