2007年11月13日

インターネットのオークションサイトでリコール後の玩具が流通


企業のブランド保護などを行う米MarkMonitorは12日、

リコールされた玩具がインターネットオークションや電子商取引サイト、
B2B(企業間電子商取引)サイトなどで販売されているとして、
消費者に注意を促す報告書を発表した。

リコールの対象玩具は主に中国製で、
基準値以上の鉛を含んだ塗料や部品の損傷、有害化学物質の含有などが問題になっていた。


posted by マッサ at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。