2007年11月15日

仏鉄道で無期限スト突入、大統領は決意再表明(14日)


仏鉄道会社の労働者らは13日、無期限のストライキに突入した。

ニコラ・サルコジ大統領が公約する改革を巡り、組合と大統領の対決が始まった。

現地時間午後8時(日本時間14日午前4時)にストに突入した
フランス国鉄(SNCF)を皮切りに、今後はパリ市内の地下鉄やフランスガス公社(GDF)、
フランス電力公社(EDF)へと広がる見通し。


posted by マッサ at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。