2007年11月15日

特許権訴訟 キヤノンの逆転勝訴確定(9日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071109-00000003-maip-soci

キヤノン製のプリンター用インクカートリッジのリサイクル品が、

同社の特許権を侵害するかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、
最高裁第1小法廷(横尾和子裁判長)は8日、

「純正品と同一性のない製品を新たに製造したと認められる場合は特許権を侵害する」
との一般基準を初めて示した。

その上で「リサイクル・アシスト」(東京都豊島区)が輸入販売した
リサイクル品の特許権侵害を認め、リ社の上告を棄却した。

販売差し止めを命じ、キヤノンが逆転勝訴した2審・知財高裁判決(06年1月)が確定した。
(毎日新聞)


posted by マッサ at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。