2007年11月17日

偽装事件の姉歯被告 2審も実刑(7日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071107-00000915-san-soci

耐震偽装事件で、
建築基準法違反や議院証言法違反(偽証)など3つの罪に問われた

元1級建築士、姉歯秀次被告(50)の控訴審判決公判が7日、
東京高裁で開かれた。

原田国男裁判長は、
懲役5年、罰金180万円とした1審・東京地裁判決を支持し、
姉歯被告側の控訴を棄却した。(産経新聞)

判決によると、姉歯被告は平成15〜17年、
マンション4棟とホテル2棟の構造計算書を偽造し、危険な物件を完成させた。

また17年12月の衆院国土交通委員会でうその証言をするなどした。


posted by マッサ at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。