2007年11月17日

米、ステルス戦闘機調達打ち切りか 米軍事紙伝える(10月30日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071030-00000964-san-int

29日付の米軍事専門紙ディフェンス・ニュースは、

米政府の2009会計年度(08年10月〜09年9月)予算案のなかに、
最新鋭ステルス戦闘機F22Aラプターの調達費用は含まれない見込みだと報じた。

日本政府はF22を次期主力戦闘機(FX)の最有力候補としてきたが、
生産打ち切りとなった場合、日本の機種選定にも影響を与えることになりそうだ。

来年2月にまとめる予算案に関する国防総省内の議論に詳しい関係筋の話として伝えた。

日本など海外に輸出する場合は、生産ラインを閉鎖する必要はないが、

米下院歳出委員会は7月、
F22の海外への輸出禁止条項を継続することを決めており、
解除のメドはたっていない。(産経新聞)


posted by マッサ at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。