2007年11月19日

ベネズエラ国会が憲法改正案を可決、国民投票へ(3日)


ベネズエラの国会は2日、

ウゴ・チャベス大統領の権限拡大を認めることになる憲法改正案を、
賛成161、棄権6の圧倒的多数で可決した。

チャベス大統領による憲法改正案は、
12月2日に実施予定の国民投票によって最終的な承認を得る必要がある。

承認された場合、大統領は非常事態が発生した場合に報道規制を行うことが可能となり、
また、大統領の再選禁止も撤廃され、任期も6年から7年に延長される。
さらに、大統領は新たな行政区域を作成し、管轄する副大統領の指名もできることとなる。

憲法改正案にはまた、「21世紀の社会主義」建設も盛り込まれており、
軍事や金融政策についての決定権も拡張される。


posted by マッサ at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。