2007年11月22日

新疆ウイグル自治区で約50年間燃え続けた地下石炭層の火を消火


中国国営新華社通信は21日、

同国北西部新疆ウイグル自治区の炭田で、
約50年にわたって燃え続けていた地下石炭層の火が消し止められたと報じた。

消防隊員は3年以上をかけ、
燃焼している炭層にドリルで開けた穴から水およびスラリーを注入、
さらに表面を覆って酸素を遮断し、ようやく火を消し止めたという。



アメリカも、セントラリアの炭鉱火災を何とかした方がいいと思う。


posted by マッサ at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。