2007年11月23日

独自動車、国内外の市場で明暗分かれる


BMWやメルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲンといった

ドイツ製自動車の売れ行きが、国際市場と国内市場で明暗を分けている。

2007年1月-10月期のドイツ車の販売高は、記録的なユーロ高ドル安にもかかわらず、
前年比11%増の360万台に達した。

一方、同期の国内新規登録台数は前年比8%減の262万台で、
ドイツ統一以来の最低水準となった。

注文台数も減少し、
310万台の新規登録しかなかったドイツ統一(1990年)時以来、
最悪の年になる可能性があるという。


posted by マッサ at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。