2007年11月23日

サブプライム 国内損失5000億円も

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071123-00000080-san-bus_all

金融機関、通期決算で(産経新聞)

金融庁は22日、

国内銀行(含む農林中央金庫)と信用金庫、信用組合の
低所得者向け高金利型住宅ローン(サブプライムローン)関連商品の
保有、損失状況の調査結果を公表した。

9月末時点の保有額は簿価で約1兆3300億円、
このうち評価損は約1100億円で、4〜9月期の実現損が約1200億円あった。

ただ、10月以降も損失拡大が続く上、
調査に銀行系列以外の証券会社や生損保は含まれないため、
国内金融機関全体の損失は来年3月の通期決算で5000億円規模に膨らむ恐れがある。


posted by マッサ at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。